大迫勇也がついにベンチ復帰!…ブレーメン、シャルケ撃破で独杯ベスト4進出

大迫勇也がついにベンチ復帰!…ブレーメン、シャルケ撃破で独杯ベスト4進出

ブレーメンがシャルケ撃破でDFBポカール準決勝進出 [写真]=picture alliance via Getty Images

 DFBポカール準々決勝が3日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはアウェイでシャルケに2−0で勝利した。負傷離脱が続いていた大迫は、クラブでは今年に入って初のベンチ入りを果たしたが、出番は訪れなかった。

 ブレーメンは65分、ミロト・ラシカがペナルティエリア前右で右足を一閃。鮮やかなミドルシュートをゴール左隅に突き刺して先制に成功した。さらに72分にはルドビグ・アウグスティンソンが左サイドからクロスを入れると、エリア左フリーのデイヴィ・クラーセンが角度のないところから技ありのボレーシュートを沈めて追加点を奪った。

 2点リードのブレーメンは90分にヌリ・シャヒンが2枚目のイエローカードを受けて退場。それでも相手の反撃を許さず、3年ぶりの準決勝に駒を進めた。

【スコア】
シャルケ 0−2 ブレーメン

【得点者】
0−1 65分 ミロト・ラシカ(ブレーメン)
0−2 72分 デイヴィ・クラーセン(ブレーメン)

関連記事(外部サイト)