試合終盤の逆転…クロップ「なぜマンCのようにプレーしなくてはならないんだ?」

試合終盤の逆転…クロップ「なぜマンCのようにプレーしなくてはならないんだ?」

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がサウサンプトン戦後にコメントした。5日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 リヴァプールは5日に行われたプレミアリーグ第33節でサウサンプトンと対戦し、3−1で逆転勝利を収めた。スコアだけを見れば容易な勝利にも見えるが、80分まで1−1と相手の守備を崩せずにいたリヴァプール。しかし、80分にサラーのゴールで逆転に成功すると、その後もう1点を追加して勝利、暫定で首位に立った。試合後クロップ監督は、優勝争いのライバルであるマンチェスター・Cがリーグ戦直近2試合で無難に勝利していることを突かれると、自分たちは自分たちの方法で戦うことを強調した。

「たしかにパフォーマンスはトップレベルではなかったね。でも、それが戦いというものだ」

「皆は私たちがマンチェスター・Cのようにプレーすることを望んでいるんだろうけど、我々にはそれはできないね。どうしてそうしなきゃならないんだ?私たちは自分たちのサッカーをするだけだよ」

「我々は今勝ち点82ポイントを持っている。信じられないほど強いチームがいるこのクレイジーなリーグで、82というのはとても大きい数字だ。本当に誇りに思っているし、信じられないことだよ」

 リヴァプールは9日にチャンピオンズリーグでポルトと対戦し、14日にはプレミアリーグ第34節でチェルシーをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)