【アンケート結果】来季最もレアルで見たいと思われているのはあの選手! 噂の選手たちも続々ランクイン!

【アンケート結果】来季最もレアルで見たいと思われているのはあの選手! 噂の選手たちも続々ランクイン!

「レアルで見たい選手」第1位は……? [写真]=Getty Images

 サッカーキングでは、4月1日から「【アンケート】アザール、ムバッペ、ポグバ…あなたが来季レアルで見たいと思う選手は?」と題したユーザーアンケートを実施、約3800件近くの回答が集まった。白のユニフォームを身に纏ってほしいと思われている選手たちを、ランキング形式で発表する。

■第1位 キリアン・ムバッペ(現パリ・サンジェルマン所属)
獲得票数:1,243票[33.2%]

 来季のレアル・マドリード加入を最も望まれていたのは、フランスの“神童”ムバッペだった。恐るべきスピードで進化を遂げているムバッペは、今季リーグ・アンで24試合に出場し27ゴール8アシストと大活躍。チームは決勝トーナメント1回戦で敗れはしたものの、UEFAチャンピオンズリーグでも8試合の出場で4ゴール5アシストを記録している。同じフランス人であるジネディーヌ・ジダン監督の存在が、レアル加入の決め手となってもおかしくないかもしれない。

■第2位 エデン・アザール(現チェルシー所属)
獲得票数:1,042票[27.9%]

 度々レアル加入が報じられてきたアザールが2位にランクイン。個で局面を打開できる点はムバッペと共通しているが、アザールはよりテクニカルな側面を持っている。タイトル獲得に飢えているアザールが、レアルを最適な居場所だと考えている可能性は十分にある。

■第3位 ポール・ポグバ(現マンチェスター・U所属)
獲得票数:357票[9.5%]

 マンチェスター・U退団の噂も囁かれているポグバは、レアルを「みんなにとって夢のクラブ」と表現した。ムバッペ同様、母国の英雄であるジダンが監督を務めているレアルは、移籍先の有力な選択肢の一つだろう。マンチェスター・Uではジョゼ・モウリーニョ前監督とそりが合わずパフォーマンスを落としたが、オーレ・グンナー・スールシャール体制になって復活。改めてそのポテンシャルを見せつけている。

■第4位 ネイマール(現パリ・サンジェルマン所属)
獲得票数:335票[9%]

 2017年まで宿敵のバルセロナでプレーしたネイマールが4位に食い込んだ。これまでも何度かレアル加入の噂が流れたことはあったものの、実現すれば大きな話題になることは確実だ。今季は負傷に見舞われたものの、リーグ・アンでは13試合で13ゴール7アシストと上々の成績を残している。

■第5位 クリスティアン・エリクセン(現トッテナム所属)
獲得票数:237票[6.3%]

 トッテナムから提示された契約延長オファーに断りを入れ続けていると報道されたエリクセン。仮に移籍することになる場合、レアルで彼のプレーを見てみたいと考えているユーザーも多いようだ。チャンスメイクだけでなく決定力も備えている“万能型ミッドフィルダー”の動向から、目が離せない。

6位以下はこちら!
第6位 ハリー・ケイン(現トッテナム所属)
第7位 その他
第8位 マウロ・イカルディ(現インテル所属)
第9位 アドリアン・ラビオ(現パリ・サンジェルマン)

文=松本武水
写真=Getty Images