「移籍金145億円は安すぎる」…サッリ監督が2ゴールのアザールを絶賛

「移籍金145億円は安すぎる」…サッリ監督が2ゴールのアザールを絶賛

サッリ監督が絶賛するアザール [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、同クラブのベルギー代表MFエデン・アザールを絶賛している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が9日に報じた。

 チェルシーは9日、ウェストハムとホームで対戦。24分、アザールはダブルタッチからシュートを放ち先制すると、試合終了間際の90分にも得点を挙げ、今シーズンリーグ戦16ゴール目を記録。この2ゴールによりチェルシーは2−0で勝利を収めた。

 試合後、サッリ監督はアザールを「移籍金1億ポンド(約145億円)は安すぎる。他の選手とエデンを変えるのはとても難しいことだと思うよ」と称賛。一方で、かねてより噂されているレアル・マドリードへの移籍について「彼が別の経験をしたいのであれば、彼を残すのは非常に難しい」と言及した。

 チェルシーはウェストハムに勝利を収め、勝ち点「66」で暫定3位に浮上。次節、チェルシーは15日にリヴァプールとアウェイで対戦する。

関連記事(外部サイト)