デ・ブライネがモウリーニョとの関係を告白「2回しか話したことがない」

デ・ブライネがモウリーニョとの関係を告白「2回しか話したことがない」

チェルシー時代のジョゼ・モウリーニョ(左)とケヴィン・デ・ブライネ(右)[写真]=Getty Images

 マンチェスター・C所属のベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、チェルシー時代のジョゼ・モウリーニョ監督との関係を赤裸々に語った。15日にイギリスメディア『BBC』が報じた。

「僕とモウリーニョの関係について報じた記事はたくさんある。だが彼とは2回しか話したことがないというのが真実だ」

 2012−13シーズン、デ・ブライネはブレーメンへレンタルで移籍し、リーグ戦33試合で10得点をあげるなど活躍。当時ドルトムントを指揮していたユルゲン・クロップ監督(現リヴァプール)が獲得に動いたが失敗に終わった。デ・ブライネはこのときのモウリーニョ監督とのやりとりをこう語った。

「モウリーニョは僕にメールを送った。『君はチェルシーに残る。私は君を今のチームの一員としたい』とね。僕は『いいね、最高だ。僕は彼のプランに入っている』と思ったよ」

 しかし2013−14シーズンは開幕当初こそ2試合で先発出場したものの、すぐにベンチからも外れた。「12月に彼のオフィスに呼ばれた。そこで彼はほかの攻撃的な選手、ウィリアン、オスカル、(フアン)マタらと僕のスタッツを比較し始めた。僕は『15〜20試合も出場している彼らと3試合だけの僕を比較するのはおかしい』と言った。また『クラブは僕を本当に必要としている気がしない。僕はプレーがしたい。あなたは僕を放出するべきだ』ともね」

 その後、2014年1月に1800万ポンド(当時レートで約30億円)でヴォルフスブルクに加入したデ・ブライネはリーグ戦51試合の出場で13得点を記録し、2014−15シーズンのリーグ2位フィニッシュに貢献。2015年にマンチェスター・Cへ5500万ポンド(当時レートで約106億円)で移籍して以降はジョセップ・グアルディオラ監督の不可欠なピースとして活躍している。

関連記事(外部サイト)