アッレグリ監督が来季ユーヴェ残留を明言「すでに会長と話をした」

アッレグリ監督が来季ユーヴェ残留を明言「すでに会長と話をした」

ユヴェントスを率いるアッレグリ監督 [写真]=Getty Images

 ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、来季残留を明言した。17日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが16日に行われ、ユヴェントスはホームでアヤックスと対戦。28分にクリスティアーノ・ロナウドが頭で叩き込み先制に成功したが、34分に追いつかれると、67分にはCKからマタイス・デ・リフトに決勝点を奪われ、2試合合計2−3で敗れた。

 試合後、自身の去就について聞かれたアッレグリ監督は、「すでに会長とは話をした。私は来シーズンもユーヴェに残るし、すでに次のシーズンのことについて考えている」と引き続き指揮することを明らかにした。

 ユヴェントスは昨夏、C・ロナウドを獲得しCL制覇を最大の目標として戦っていたが、ベスト8での敗退が決まった。アッレグリ監督は「ロナウドは今シーズン、多くのことを与えてくれた。特にCLではね」と感謝しつつ、「アヤックスは素晴らしいチームだった。今夜に関しては選手たちに言えることはあまり多くはない」と対戦相手を称えた。

関連記事(外部サイト)