契約残り1年のジェコ、かつての恩師が率いるウェストハムへ移籍か

契約残り1年のジェコ、かつての恩師が率いるウェストハムへ移籍か

マンチェスター・C時代のジェコとペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 ウェストハムがローマ所属のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコとの契約を狙っている模様だ。16日にイギリスメディア「スカイスポーツ」が報じた。

 2015年にマンチェスター・Cからローマに移籍したジェコは、公式戦171試合の出場で86得点をマークするなどローマのエースとして活躍してきた。だが、来年夏までとなっているジェコとローマの契約はまだ延長されていない。

 現在ウェストハムを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督とは、マンチェスター・C時代も師弟関係にあり、同指揮官の下、80試合で32得点を決めるなど活躍。2013−14シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献した。

 ウェストハムは今夏のFW陣の流出が危惧されているが、ペジェグリーニ監督の信頼する33歳の大型ストライカーが加入することになれば、チームの大きな支えになるだろう。

関連記事(外部サイト)