シント・トロイデンが札幌との業務提携に合意…岡山、大分、FC東京に続いてJリーグ4クラブ目

シント・トロイデンが札幌との業務提携に合意…岡山、大分、FC東京に続いてJリーグ4クラブ目

シント・トロイデンが札幌との業務提携に合意…岡山、大分、FC東京に続いてJリーグ4クラブ目の画像

 シント・トロイデンは19日、J1リーグの北海道コンサドーレ札幌と業務提携に合意したことを発表した。本提携により、人材育成や国際交流、それぞれが持つノウハウの共有を通して、両クラブのさらなる発展を目指す。

 なお、今回の提携によりシント・トロイデンとJリーグクラブとの業務提携は4クラブ目となる。

・ファジアーノ岡山(2018年1月〜)
・大分トリニータ(2018年2月〜)
・FC東京(2018年3月〜)

 20日に開催される2019明治安田生命J1リーグ 第8節、北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス戦の試合前に、札幌ドームにて両クラブの業務提携に関する記者会見が行われる。

関連記事(外部サイト)