広島を下したFC東京が首位浮上…監督交代の神戸は浦和に敗戦/J1第8節

広島を下したFC東京が首位浮上…監督交代の神戸は浦和に敗戦/J1第8節

神戸は新監督の初陣を勝利で飾れず [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第8節が19日から20日にかけて各地で行われた。  

 前節終了時点で首位に立っていたサンフレッチェ広島は、2位につけていたFC東京との“首位攻防戦”に臨んだ。前半は両者譲らぬ展開となりスコアレスで折り返すと、71分にディエゴ・オリヴェイラが強烈なシュートを叩き込み、FC東京が先手を取った。反撃に出たい広島は後半アディショナルタイム、渡大生がボレーシュートを放つも、ポストに直撃しゴールとはならず。試合はこのまま終了し、直接対決を制したFC東京が首位に浮上した。

 フアン・マヌエル・リージョ監督退任後初の公式戦に臨むヴィッセル神戸は、浦和レッズと敵地で対戦した。試合が動いたのは10分。興梠慎三がペナルティエリア内で倒され、浦和にPKが与えられる。このPKを倒された興梠自身が落ち着いて沈め、浦和が先制した。その後は神戸が試合の主導権を握るも、最後まで同点ゴールは奪えず。神戸は吉田孝行新監督の初陣を勝利で飾ることができなかった。

 ホームにジュビロ磐田を迎えた名古屋グランパスは、ジョーの得点を守りきり、リーグ戦3試合ぶりの勝利を掴んだ。スタートダッシュに失敗した昨年の覇者・川崎フロンターレは湘南ベルマーレを2−0で下している。

 今節の結果は以下の通り。

■J1第8節全結果
川崎フロンターレ 2−0 湘南ベルマーレ
サンフレッチェ広島 0−1 FC東京
北海道コンサドーレ札幌 3−0 横浜F・マリノス
浦和レッズ 1−0 ヴィッセル神戸
松本山雅FC 1−0 サガン鳥栖
名古屋グランパス 1−0 ジュビロ磐田
鹿島アントラーズ 1−0 ベガルタ仙台
清水エスパルス 1−0 セレッソ大阪
ガンバ大阪 1−1 大分トリニータ

■J1順位表
1位 FC東京(勝ち点20/得失点差+8)
2位 広島(勝ち点17/得失点差+7)
3位 名古屋(勝ち点16/得失点差+10)
4位 大分(勝ち点16/得失点差+5)
5位 鹿島(勝ち点14/得失点差+2)
6位 浦和(勝ち点14/得失点差−1)
7位 川崎(勝ち点13/得失点差+4)
8位 札幌(勝ち点12/得失点差0)
9位 横浜FM(勝ち点12/得失点差0)
10位 松本(勝ち点11/得失点差−1)
11位 神戸(勝ち点10/得失点差−1)
12位 湘南(勝ち点10/得失点差−1)
13位 清水(勝ち点8/得失点差−6)
14位 C大阪(勝ち点7/得失点差−3)
15位 G大阪(勝ち点7/得失点差−4)
16位 磐田(勝ち点6/得失点差−2)
17位 仙台(勝ち点4/得失点差−6)
18位 鳥栖(勝ち点4/得失点差−11)

■J1第9節対戦カード(4月27日〜28日)
▼27日
14:00 C大阪 vs 大分

▼28日
13:00 仙台 vs G大阪
13:00 横浜FM vs 鹿島
14:00 FC東京 vs 松本
14:00 神戸 vs 川崎
14:00 鳥栖 vs 湘南
15:00 磐田 vs 札幌
15:00 名古屋 vs 広島
16:00 清水 vs 浦和

関連記事(外部サイト)