イグアイン弾で一時は逆転も…チェルシーはドロー、CL出場権争いは熾烈に

イグアイン弾で一時は逆転も…チェルシーはドロー、CL出場権争いは熾烈に

チーム2点目のゴールを決めたイグアイン [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第35節が22日に行われ、チェルシーとバーンリーが対戦した。

 試合は序盤の8分に動く。コーナーキックのこぼれ球からジェフ・ヘンドリックが技ありのボレーシュートを沈め、バーンリーが先手を取った。

 しかし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権確保のために負けられないチェルシーもすぐに反撃に出る。12分、エデン・アザールの折り返しからエンゴロ・カンテが左足で叩き込み、すぐに試合は振り出しに。続く14分にはセサル・アスピリクエタとのワンツーで抜け出したゴンサロ・イグアインが右足で強烈な一撃を突き刺し、チェルシーが逆転に成功した。

 追いかける展開となったバーンリーは、得意のセットプレーで反撃を狙う。24分、ハーフラインを超えた位置でフリーキックを得ると、頭で繋いで最後はアシュリー・バーンズが押し込む。試合は再び同点となり、前半はこのまま終了した。

 後半に入るとチェルシーが勝ち越しを狙って猛攻を仕掛けるも、バーンリーも強固な守備を見せて得点を許さない。試合はこのままタイムアップ。今節はトッテナム、アーセナル、マンチェスター・Uが揃って敗れたため、チェルシーにとってはCL出場権を争うライバルチームとの差を広げるチャンスだったが、勝ち点3を得ることはできなかった。この結果、チェルシーは勝ち点を「67」とし、得失点差でトッテナムに次ぐ4位に浮上した。なお、5位のアーセナルは勝ち点「66」、6位のマンチェスター・Uは「64」となっている。

 次節は28日に行われ、チェルシーは敵地でマンチェスター・Uと、バーンリーはホームでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
チェルシー 2−2 バーンリー

【得点者】
0−1 8分 ジェフ・ヘンドリック(バーンリー)
1−1 12分 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
2−1 14分 ゴンサロ・イグアイン(チェルシー)
2−2 24分 アシュリー・バーンズ(バーンリー)

【スターティングメンバー】
チェルシー(4−3−3)
ケパ;アスピリクエタ、クリステンセン、D・ルイス、エメルソン;ジョルジーニョ、カンテ(46分 コヴァチッチ)、ロフタス・チーク;ハドソン・オドイ(41分 ペドロ)、イグアイン(77分 ジルー)、アザール

バーンリー(4−4−2)
ヒートン;ロートン、ターコウスキー、ベン・ミー、テイラー;ヘンドリック、ウェストウッド、コーク、マクニール;バーンズ、ウッド

関連記事(外部サイト)