トリッピアー争奪戦が勃発か…マンU、アトレティコ、ナポリらが狙う

トリッピアー争奪戦が勃発か…マンU、アトレティコ、ナポリらが狙う

トッテナム所属DFキーラン・トリッピアー [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの獲得を国内外の複数クラブが狙っている模様だ。22日にイギリス紙『デイリーメール』などが報じた。

 現在28歳の同選手は、昨年のロシア・ワールドカップでは母国の4位入りに貢献したが、今シーズンはチェルシー戦でのオウンゴールなどいくつかの致命的なミスが散見され、来シーズンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督のプランには含まれていないという報道も出ている。

 しかしながら、貴重なプレースキッカーとしての側面を持つ同選手には、複数クラブが関心を示しているようで、アトレティコ・マドリードとナポリはそれぞれ1500万ポンド(約22億円)を用意するという。また、エヴァートンとマンチェスター・Uも獲得を狙っているが、後者は同時にクリスタル・パレス所属のUー21イングランド代表DFアーロン・ワン・ビッサカの争奪戦にも挑むようだ。

関連記事(外部サイト)