今季で契約が切れるジルーにニースが関心…ガネイェ会長が興味を認める

今季で契約が切れるジルーにニースが関心…ガネイェ会長が興味を認める

ニースが関心を示すジルー [写真]=Getty Images

  ニースは、チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの獲得を検討しているようだ。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 現在32歳のジルーは、元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが冬の移籍市場で加入した影響もあり、出場機会を減らしている。同選手は「今はチェルシーに集中している」と話しているものの、「オファーは届いている。プレー時間を増やしたい」とコメントしており、来季の移籍を示唆している。

 今回報じられるところによると、ニースはジルーの獲得に興味を示しているようだ。同クラブのガウティエ・ガネイェ会長はフランス紙『テレフット』に次のようにコメントし関心を認めている。

 「彼の現行契約は今シーズン末までだ。あの年齢なのにまだまだ良いパフォーマンスを見せているね。(獲得の)可能性はあるよ。ただ…(給料)が本当に高いんだ」

 ジルーは、2012年にモンペリエからアーセナルに移籍。2018年1月にチェルシーに加入した。果たしてジルーのフランス復帰は実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)