マンCが敵地のマンチェスター・ダービー制す!…2発完封でマンU破り首位浮上

マンCが敵地のマンチェスター・ダービー制す!…2発完封でマンU破り首位浮上

“マンチェスター・ダービー”はシティに軍配 [写真]=Getty Images

 延期分のプレミアリーグ第31節が24日に行われ、マンチェスター・Cはアウェイでマンチェスター・Uに2−0で勝利した。

 チャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指す暫定6位のマンチェスター・Uと、優勝が懸かった暫定2位のマンチェスター・Cによる“マンチェスター・ダービー”。敵地に乗り込んだマンチェスター・Cは15分、ラヒーム・スターリングが左サイドから中央に切り込んで右足シュート。クリス・スモーリングが出した足に当たってコースが変わったが、GKダビド・デ・ヘアにキャッチされた。

 マンチェスター・Uは16分にジェリー・リンガードがエリア右へ走り込み、ポール・ポグバのロングパスにダイレクトボレーで合わせたが、これは枠を捉えず。マンチェスター・Cは19分、ダビド・シルバの落としをベルナルド・シルヴァがエリア手前中央で叩くが、強烈なシュートはGKデ・ヘアにセーブされた。その直後にカウンターを仕掛けたマンチェスター・Uは、マーカス・ラッシュフォードがDFの背後を狙った瞬間にリンガードが縦パスを出したが、これはGKエデルソンに阻まれた。

 マンチェスター・Cは44分、エリア手前からB・シルヴァ、イルカイ・ギュンドアン、セルヒオ・アグエロがパスをつなぎ、最後はエリア左のスターリングが中央に切り込んで右足を振り抜いたが、GKデ・ヘアの壁を破ることはできず。

 スコアが動いたのは後半に入って54分、マンチェスター・CはB・シルヴァがエリア右でルーク・ショーと1対1を迎えると、中央へ仕掛けた瞬間に素早く左足を振り抜き、狭いニアを貫いて先制点を奪った。

 1点を追うマンチェスター・Uは64分、エリア手前中央でFKのチャンスを迎えたが、ポグバのシュートは壁に直撃。すると66分、スターリングが自陣から右サイドを持ち上がり、逆サイドへパス。エリア左フリーのサネが冷静にシュートを沈めて、マンチェスター・Cがリードを2点に広げた。試合はこのままタイムアップを迎え、マンチェスター・Cが敵地での“マンチェスター・ダービー”を制し、再び首位に浮上した。

 次節、マンチェスター・Uは28日にホームでチェルシーと、マンチェスター・Cは同日にアウェイでバーンリーと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 0−2 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 54分 ベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・C)
0−2 66分 レロイ・サネ(マンチェスター・C)

【スターティングメンバー】
マンチェスター・U(3−5−2)
デ・ヘア;ダルミアン(83分 A・サンチェス)、リンデロフ、スモーリング;ヤング、ペレイラ(72分 ルカク)、フレッジ、ポグバ、ショー;リンガード(83分 マルシャル)、ラッシュフォード

マンチェスター・C(4−3−3)
エデルソン;ウォーカー、コンパニ、ラポルテ、ジンチェンコ;ギュンドアン(89分 ダニーロ)、フェルナンジーニョ(51分 サネ)、シルバ;B・シルヴァ、アグエロ(89分 G・ジェズス)、スターリング

関連記事(外部サイト)