ジダン監督、ベイルら3選手に来シーズンの戦力外通告を突きつけか

ジダン監督、ベイルら3選手に来シーズンの戦力外通告を突きつけか

今シーズンの退団が噂されるベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が3人の選手に戦力外通告をしたようだ。7日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

 今夏にスカッドの大改革に着手することが予想されるジダン監督は、現在選手一人一人と個人ミーティングをしているようだ。そこでウェールズ代表FWギャレス・ベイル、スペイン人MFマルコス・ジョレンテ、同代表MFダニ・セバージョスの3選手に、自身の来シーズンのプランに含まれていないことを告げた模様だ。

 ベイルは、ジダン監督が前回レアル・マドリードを率いていた時も同監督との不仲説が囁かれており、その再就任によって“白い巨人”での将来が不透明になった1人だ。連日のように退団報道の出ている同選手には、マンチェスター・Uなどが関心を示しているとされる。

 また、セバージョスとジョレンテは、ジダン監督の復帰以降の9試合で、それぞれ3試合と2試合の出場に留まっており、同監督はこの2人にこれ以上のチャンスを与えるつもりはないという。

 レアル・マドリードはこの3選手以外にも、クロアチア代表MFルカ・モドリッチや、バイエルンにレンタル移籍中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなどに、今夏限りでの退団の噂が流れている。

関連記事(外部サイト)