G大阪、磐田のプレーオフ進出が決定…新体制初陣の鳥栖はドロー/ルヴァン杯GS第5節

G大阪、磐田のプレーオフ進出が決定…新体制初陣の鳥栖はドロー/ルヴァン杯GS第5節

鳥栖は金明輝監督の初陣を勝利で飾ることができなかった

 2019JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第5節が8日に行われた。

 グループAでは横浜F・マリノスが北海道コンサドーレ札幌のホームに乗り込み、4−0と大勝を収めた。湘南ベルマーレはV・ファーレン長崎を1−0で下した。

 グループBでは、FC東京がベガルタ仙台と対戦し、0−0で引き分けた。サガン鳥栖と柏レイソルの一戦もスコアレスドローに終わった。鳥栖は金明輝監督の初陣を勝利で飾ることができなかった。

 グループCでは大分トリニータがヴィッセル神戸を2−1で下した。一方、名古屋グランパスとセレッソ大阪は2−2で勝ち点を分ける形となった。

 グループDではガンバ大阪が清水エスパルスに3−1で勝利した。一方、ジュビロ磐田は松本山雅FCを1−0で下した。この結果、G大阪と磐田のプレーオフステージ進出が決定した。

 結果は以下のとおり。

■ルヴァンカップ第5節
▼グループA
北海道コンサドーレ札幌 0−4 横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ 1−0 V・ファーレン長崎

▼グループB
FC東京 0−0 ベガルタ仙台
サガン鳥栖 0−0 柏レイソル

▼グループC
大分トリニータ 2−1 ヴィッセル神戸
名古屋グランパス 2−2 セレッソ大阪

▼グループD
ジュビロ磐田 1−0 松本山雅FC
ガンバ大阪 3−1 清水エスパルス

■ルヴァンカップ第3節順位
▼グループA
1位 札幌(勝ち点8/得失点差+2)
1位 横浜FM(勝ち点8/得失点差+3)
3位 湘南(勝ち点6/得失点差−2)
4位 長崎(勝ち点5/得失点差−3)

▼グループB
1位 仙台(勝ち点11/得失点差+4)
2位 FC東京(勝ち点7/得失点差+1)
3位 鳥栖(勝ち点5/得失点差−2)
4位 柏(勝ち点4/得失点差−3)

▼グループC
1位 C大阪(勝ち点8/得失点差+3)
2位 大分(勝ち点7/得失点差−1)
3位 名古屋(勝ち点6/得失点差−2)
4位 神戸(勝ち点5/得失点差0)

▼グループD
1位 G大阪(勝ち点10/得失点差+5)
2位 磐田(勝ち点9/得失点差0)
3位 清水(勝ち点5/得失点差−2)
4位 松本(勝ち点4/得失点差−3)

■ルヴァンカップ第6節対戦カード(22日)
▼グループA
湘南 vs 札幌
長崎 vs 横浜FM

▼グループB
柏 vs 仙台
鳥栖 vs FC東京

▼グループC
C大阪 vs 大分
神戸 vs 名古屋

▼グループD
松本 vs G大阪
磐田 vs 清水

関連記事(外部サイト)