現役最後の相手は古巣チェルシー…チェフの夢は「トロフィーを掲げること」

現役最後の相手は古巣チェルシー…チェフの夢は「トロフィーを掲げること」

今シーズン限りでの引退を発表しているチェフ [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグバレンシア戦後、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフがインタビューに応えた。イギリスメディア『BBC』が9日に伝えている。

 今シーズン限りでの現役引退を発表しているチェフにとって、現役最後の相手は長年プレーした古巣チェルシーに決まった。特別な1戦を見据えてチェフは「チェルシーとアーセナルの対戦は私にとってとてもエモーショナルな1戦だ。そして今回勝ったことで、最後の夢は最後の試合で勝ってトロフィーを掲げることに変わった。上手くいけば私のキャリアを素晴らしい形で締めくくることができるね」とコメントしている。

 アーセナルはロンドンに本拠地を置くライバル・チェルシーを下して、偉大なGKの花道を飾ることが出来るのだろうか。ヨーロッパリーグ決勝は5月29日にアゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアムで行われる。

関連記事(外部サイト)