中盤補強を試みるマンU、ラビオへの関心を継続…フリーでの獲得目指す

中盤補強を試みるマンU、ラビオへの関心を継続…フリーでの獲得目指す

マンチェスター・Uが獲得を目指すパリ・サンジェルマンのラビオ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス人MFアドリアン・ラビオへの関心を引き続き持ち続けているようだ。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が23日に伝えている。

 ラビオとPSGの契約は今シーズン終了後に満了を迎える。PSGからは契約延長のオファーを受けていたが、ラビオがこれを拒否。PSGは対抗措置として、ラビオをトップチームから追放した。

 これまで、ラビオの移籍先にはレアル・マドリードやトッテナム、マンチェスター・Uらの名前が挙がっていた。また、獲得レースの先頭を走っているといわれていたバルセロナは撤退の兆しを見せていると報じられていた。

 マンチェスター・Uは、ベルギー代表MFマルアン・フェライニやスペイン人MFアンデル・エレーラなど主力が相次いで退団していた。セルビア代表MFネマニャ・マティッチも30歳とベテランの域に差し掛かっているため、オーレ・グンナー・スールシャール監督はラビオの獲得を希望しているという。

関連記事(外部サイト)