ピケ、アンフィールドでの敗戦を振り返る「最悪の経験だった」

ピケ、アンフィールドでの敗戦を振り返る「最悪の経験だった」

ピケがアンフィールドでの敗戦を振り返った [写真]=Getty Images

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケがアンフィールドでの敗戦を振り返った。スペイン紙『マルカ』が25日に伝えている。

 バルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でリヴァプールと対戦し、ファーストレグは3−0で勝利したものの、リヴァプールの本拠地アンフィールドで行われたセカンドレグでは0−4で敗れて大会から姿を消した。ピケは当時の敗戦を「最悪の経験の一つだった」としたうえで、「僕たちはバルセロナのプレースタイルで臨んだ。それは簡単なときもあるし、より難しい時もあるよ」と続けた。

「僕たちがやりたいことができなかった。ボールを保持してゲームをコントロールすることができなかった」

 また、同選手は最後にバレンシアとのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝に向けて意気込みを語った。

「バレンシアは初め引き分けが多く、少しイレギュラーにシーズンをスタートさせたよね。ただ後半戦はとてもよかった。ついにはCLの出場圏内にいるんだから」

「僕たちはリーグで彼らに2試合とも勝利できていないんだ。決勝では最初から点を取りに行くよ」

関連記事(外部サイト)