壮絶なシーソーゲームを制したのは清水! 仙台破って5試合ぶり勝利

壮絶なシーソーゲームを制したのは清水! 仙台破って5試合ぶり勝利

明治安田生命J1リーグ第13節が行われ、清水エスパルスはベガルタ仙台と対戦した

 明治安田生命J1リーグ第13節が行われ、清水エスパルスはベガルタ仙台をホームに迎えた。

 開始早々に先手を取ったのは仙台。2分に永戸勝也のコーナーキックからフリーで走りこんできた松下佳貴がダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。一方の清水エスパルスは5分、金子翔太のクロスにドウグラスが頭で合わせ、その強烈なヘディングシュートで同点弾を沈める。

 清水は19分にPKを獲得し、これを北川航也がGKの逆を突いて決めて逆転に成功。それでも仙台は37分、吉尾海夏が美しい軌道のミドルシュートを決めてスコアは再び同点となる。試合終了間際の45+4分には、清水のエウシーニョがGKの股の間を通して3点目。このゴールは同選手の清水移籍後初のゴールとなった

 1点ビハインドで迎えた仙台は59分、蜂須賀孝治のクロスに合わせた長沢駿が頭で流し込み再び同点に追いつく。すると清水は89分、ドウグラスが4点目を決めて勝ち越しに成功。仙台はアディショナルタイムに入ってGKシュミット・ダニエルも攻撃に参加するが、清水の堅い守備を崩せず。さらにはハモン・ロペスが2回目の警告を受けて退場してしまう。4分のアディショナルタイムの後試合は終了し、清水が壮絶な打ち合いを制して5試合ぶりの勝ち点3を手にした。

【スコア】
清水エスパルス 4−3 ベガルタ仙台

【得点者】
0−1 2分 松下佳貴(ベガルタ仙台)
1−1 5分 ドウグラス(清水エスパルス)
2−1 20分 北川航也(PK/清水エスパルス)
2−2 37分 吉尾海夏(ベガルタ仙台)
3−2 45+4分 エウシーニョ(清水エスパルス)
3−3 59分 長沢駿(ベガルタ仙台)
4−3 89分 ドウグラス(清水エスパルス)

【スターティングメンバー】
清水エスパルス(4−2−3−1)
西部洋平;エウシーニョ(60分 立田悠悟)、ファン・ソッコ、二見宏志、松原后;六平光成、竹内涼;金子翔太(84分 河井陽介)、北川航也、中村慶太(67分 西澤健太);ドウグラス

ベガルタ仙台(4−4−2)
シュミット・ダニエル;蜂須賀孝治、大岩一貴、岩田克人、永戸勝也;吉尾海夏(67分 道渕諒平)、椎橋慧也(70分 シマオ・マテ)、松下佳貴、岩原崇兆;長沢駿(74分 ジャーメイン良)、ハモン・ロペス

関連記事(外部サイト)