札幌、名古屋、FC東京、G大阪がプライムステージへ…ベスト8が出揃う/ルヴァン杯PO第2戦

札幌、名古屋、FC東京、G大阪がプライムステージへ…ベスト8が出揃う/ルヴァン杯PO第2戦

2019JリーグYBCルヴァンカップのベスト8が出揃った

 2019JリーグYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦が26日に各地で行われた。

 第1戦で1点のリードを奪った北海道コンサドーレ札幌は5分、鈴木武蔵のゴールで先制に成功した。10分にもアンデルソン・ロペスがPKで追加点を記録。23分にジュビロ磐田のロドリゲスに1点を返されるが、リードを守りきり、準々決勝進出を決めた。

 第1戦を0−2で落としたベガルタ仙台。激しい攻防が続いた試合は終盤までスコアレスで進む。試合終了間際に道渕諒平が先制点を記録するが、試合はこのままタイムアップを迎え、逆転突破はならず。名古屋グランパスが準々決勝へのチケットを手に入れた。

 第1戦を0−1で落としたセレッソ大阪は、62分にブルーノ・メンデスのゴールで先制。しかし、75分にFC東京の矢島輝一に1点を返されて勝負あり。最終スコア1−2で準々決勝に進むことはできなかった。

 V・ファーレン長崎を相手に第1戦で4−1とリードしたガンバ大阪は87分、島田譲にゴールを奪われると後半アディショナルタイム4分にも畑潤基に追加点を決められる。反撃を許したG大阪だが、その後は得点を許さず。2戦合計4−3で勝利した。

 結果は以下の通り。

■ルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦
北海道コンサドーレ札幌 2−1(2戦合計:4−2) ジュビロ磐田
ベガルタ仙台 1−0(2戦合計:1−2) 名古屋グランパス
セレッソ大阪 1−1(2戦合計:1−2) FC東京
ガンバ大阪 0−2(2戦合計:4−3) V・ファーレン長崎

■準々決勝進出クラブ
・北海道コンサドーレ札幌
・名古屋グランパス
・FC東京
・ガンバ大阪
・川崎フロンターレ
・鹿島アントラーズ
・サンフレッチェ広島
・浦和レッズ

関連記事(外部サイト)