西野朗氏がタイ代表監督に就任…東京五輪&カタールW杯を目指し“兼任監督”に

西野朗氏、タイ代表監督に就任 ロシア・ワールドカップでは日本代表をベスト16に導く

記事まとめ

  • サッカー日本代表を昨年のロシアW杯でベスト16に導いた西野朗氏がタイ代表監督に就任
  • FIFAランキング116位のタイ代表は、西野氏の招聘でカタールW杯出場を目指す
  • 西野氏はロシアW杯後は約1年間フリーで、監督の座には就いていなかった

西野朗氏がタイ代表監督に就任…東京五輪&カタールW杯を目指し“兼任監督”に

西野朗氏がタイ代表監督に就任…東京五輪&カタールW杯を目指し“兼任監督”に

西野朗氏がタイ代表監督に就任した [写真]=Getty Images

 タイサッカー協会は1日、元日本代表監督の西野朗氏が同国の代表監督に就任したことを発表した。



 西野氏は、昨年のロシア・ワールドカップで日本をベスト16に導き、大会後に辞任。以降は監督の座に就かず、約1年間フリーの立場だった。

 現在FIFAランキング116位のタイ代表は、3年後に開催されるカタールW杯出場を目指し、西野氏を招聘。また、東京オリンピックを目指すU−23代表監督と兼任し、“二足の草鞋”でタイサッカーの強化を図る。

関連記事(外部サイト)