ヴィエラ氏がニューカッスル新監督就任の噂を一蹴「どこにも行く気はない」

ヴィエラ氏がニューカッスル新監督就任の噂を一蹴「どこにも行く気はない」

現役時代はアーセナルやインテルでプレーしたヴィエラ氏 [写真]=Getty Images

 ニースの監督を務めるパトリック・ヴィエラ氏が、噂されているニューカッスルの監督就任を完全否定した。1日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 1日に行われた記者会見でニューカッスル行きの噂について尋ねられたヴィエラ氏は、「私はニースと長期契約(※2021年夏まで)を結んでいる。どこにも行くつもりはないよ」と噂を一蹴した。

 また、同氏は「ニースやその周りの人たちと一緒に仕事ができて、いつも心地良さを感じているんだ。ニース以外のところで監督を務める自分が想像できないね」とクラブのサポートにも感謝を示した。

 FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは、6月いっぱいで契約満了に伴って退任したラファエル・ベニテス監督の後任を探している。後任候補にはヴィエラ氏のほかにも、スティーヴン・ジェラード氏(レンジャーズ監督)やエディ・ハウ氏(ボーンマス監督)、ミケル・アルテタ氏(マンチェスター・Cコーチ)らの名前が挙がっているようだ。

関連記事(外部サイト)