Fリーグが名古屋で今季初の共同開催 大阪に土、浦安が初の連勝

Fリーグが名古屋で今季初の共同開催 大阪に土、浦安が初の連勝

町田GK小野寺優介 [写真]=F.LEAGUE

 6月28日(金)から30日(日)の3日間、武田テバオーシャンアリーナ(愛知県名古屋市)でFリーグ2019−2020ディビジョン1第6節/第7節共同開催名古屋ラウンドが行われた。

 F1リーグ所属12チームがそれぞれ2試合を行った今回の共同開催では、5連勝で単独首位のバサジィ大分が初日にエスポラーダ北海道と対戦。完封勝利を収め、開幕7連勝に向け弾みをつけたが、翌29日の湘南ベルマーレ戦では常に先行される試合となり、終了間際にFP森洸のゴールで同点に追いつくが、2−2で試合を終え、連勝記録が6でストップした。

 昨季、アルベルト・リケル監督が就任し、再三決定力を課題に挙げていたバルドラール浦安は、2連敗でこの共同開催を迎えた。29日のヴォスクオーレ仙台戦では、先制点を奪われながらも前半に追いつき、後半に逆転する粘り強さを見せ、3−1で勝利。翌30日には今季無敗のシュライカー大阪と対戦し、FP野村啓介のゴールで先制に成功するも、その後3点を失い、大阪にリードを奪われた。しかし、7分を残し、FP長坂拓海をGKに置いたパワープレーを仕掛けた浦安は、FP加藤竜馬、FP長坂の連係からオウンゴールを誘発。1点差に迫ると、そのわずか16秒後にはFP宮崎岳のゴールで同点に追いつく。ここでタイムアウトを取り、FP稲田瑞穂をGKに置きパワープレーを開始した大阪だったが、浦安FPディドゥダにパワープレー返しを浴び4−3と浦安が逆転。1点を追う大阪は最後までゴールを狙い続けたが追加点を奪えずタイムアップ。大阪は今季初黒星を喫し、浦安が今季初の2連勝で共同開催を終えた。

 上位チームの常連でありながら今季は波に乗れず、第5節終了時点で1勝4敗と下位に沈むペスカドーラ町田は、29日に立川・府中アスレティックFCとの東京ダービーを戦った。町田はFP森岡薫、GKピレス・イゴールと主力を欠き、対する立川・府中もFP皆本晃、FP内田隼太といった中心選手を欠く中での対戦となった。試合は立川・府中が常にリードを奪う展開となった。関東第一高校サッカー部から桐蔭横浜大学フットサル部へと進み、特別指定選手としてFリーグデビューを果たしたFP堤優太の2試合連続ゴールなど、4得点を挙げた立川・府中が4−2で勝利した。

 4連敗で翌30日の試合を迎えた町田は、湘南ベルマーレとの”境川決戦”に臨んだ。この試合では終始町田がペースを握り、試合序盤に立て続けにゴールを奪う。3点を追う苦しい展開となった湘南はタイムアウトを取り、立て直しを図るが、13分にも町田FP滝田学に得点を奪われ、4−0で前半を折り返した。迎えた後半、まずは1点を返したい湘南は積極的にゴールを狙うが、町田GK小野寺優介の好セーブに阻まれ、得点を奪えない。9分を残しFPマルロンをGKに置きパワープレーを開始した湘南だったが、町田の守備の前に得点を奪うことができず試合終了。町田が5試合ぶりの勝利を収め、共同開催2連戦を終えた。

 30日には名古屋オーシャンズが15−2でフウガドールすみだを下し、Fリーグ最多得点記録、最大得点差記録を更新した。また、Fリーグ選抜は立川・府中アスレティックFCに3−2で勝利し、今季初勝利を挙げている。

▼Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第6節・第7節 共同開催名古屋ラウンド結果

6月28日(金)
バサジィ大分 5−0 エスポラーダ北海道
シュライカー大阪 2−0 Fリーグ選抜

6月29日(土)
ヴォスクオーレ仙台 1−3 バルドラール浦安
バサジィ大分 2−2 湘南ベルマーレ
名古屋オーシャンズ 6−2 エスポラーダ北海道
立川・府中アスレティックFC 4−2 ペスカドーラ町田
ボアルース長野 3−6 フウガドールすみだ

6月30日(日)
シュライカー大阪 3−4 バルドラール浦安
ペスカドーラ町田 4−0 湘南ベルマーレ
名古屋オーシャンズ 15−2 フウガドールすみだ
立川・府中アスレティックFC 2−3 Fリーグ選抜
ボアルース長野 1−3 ヴォスクオーレ仙台

関連記事(外部サイト)