アルゼンチンが因縁のチリ撃破でコパ3位決定!…メッシは14年ぶり一発退場

アルゼンチンが因縁のチリ撃破でコパ3位決定!…メッシは14年ぶり一発退場

チリを下してアルゼンチンが勝利を収めた [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2019の3位決定戦が6日に行われ、アルゼンチン代表とチリ代表が対戦した。

 試合は12分、リオネル・メッシのドリブルがセンターサークル付近でスライディングで止められると、ファウルによりプレーがストップ。すると、メッシが早いリスタートから前線にスルーパスを送り、反応したセルヒオ・アグエロがGKとの1対1を制した。アルゼンチンが先制に成功する。

 さらに22分、ジオヴァニ・ロ・チェルソからのパスに、パウロ・ディバラが相手DFの裏に抜けて受け取り、ペナルティエリア左に侵入。ディバラは冷静にゴール右に流し込み、アルゼンチンが追加点を奪う。

 37分、ペナルティエリア右を突破しようとしたメッシをチリDFガリー・メデルが阻止すると、両者一触即発のムードに。互いに胸を突き合わせただけのように見えたものの、主審がメデルとメッシにレッドカードを提示して、両者は退場。メッシにとっては14年ぶりの退場となった。

 アルゼンチンの2点リードで前半を折り返すと、ロ・チェルソのエリア内でのファウルにより、チリがPKを獲得。58分、PKキッカーのアルトゥーロ・ビダルが力強く決めて、チリは一点差に迫る。

 しかしその後スコアは動かず、試合終了。コパ・アメリカ2015と2016の決勝戦で顔を合わせた2チームの試合は、2−1でアルゼンチンが勝利を収めて因縁の対決を制した。この結果、アルゼンチンが今大会3位に決定した。

【スコア】
アルゼンチン代表 2−1 チリ代表

【得点者】
12分 1−0 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表)
22分 2−0 パウロ・ディバラ(アルゼンチン代表)
58分 2−1 アルトゥーロ・ビダル(チリ代表)

【スターティングメンバー】
アルゼンチン代表(4−3−3)
アルマーニ;タグリアフィコ、オタメンディ、ペッセージャ、フォイス;ロ・チェルソ(90分 フネス)、パレデス、デ・パウル;ディバラ(67分 ディ・マリア)、アグエロ(81分 M・スアレス)、メッシ

チリ代表(3−5−2)
アリアス;ハラ(50分 マリパン)、ディアス、メデル;ボーセジュール、A・ビダル、プルガル、アランギス(83分 カスティージョ)、イスラ;A・サンチェス(17分 フェルナンデス)、バルガス

関連記事(外部サイト)