エジプトサッカー協会がアギーレ監督を解任…ANC敗退後に会長が明言

ハビエル・アギーレ監督をエジプトサッカー協会が解任 英国『スカイスポーツ』が報道

記事まとめ

  • エジプトサッカー協会の会長が、会見で自身辞任とハビエル・アギーレ監督の解任を発表
  • アギーレ氏は2014年に日本代表監督就任も翌年に契約解除、昨年エジプト代表監督に就任
  • エジプト代表は、アフリカ・ネーションズカップ2019で決勝Tのラウンド16で敗退した

エジプトサッカー協会がアギーレ監督を解任…ANC敗退後に会長が明言

エジプトサッカー協会がアギーレ監督を解任…ANC敗退後に会長が明言

エジプト代表を率いるアギーレ監督 [写真]=Getty Images

 エジプトサッカー協会(EFA)がハビエル・アギーレ氏の解任を決断したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 エジプト代表は、地元エジプトで開催中のアフリカ・ネーションズカップ2019に参加した。グループステージを順調に首位通過し優勝を期待されていたが、6日に行われた決勝トーナメントのラウンド16南アフリカ戦に0−1で敗れ、敗退していた。

 EFAの会長を務めるハニ・アボ・リダ氏は試合終了後の会見に出席。自身の辞任と、アギーレ監督、コーチやスタッフの解任を発表している。

 アギーレ氏はオサスナやアトレティコ・マドリード、エスパニョールといったクラブの指揮官を歴任。2014年夏に日本代表監督に就任したが、翌年に契約を解除され、UAEのアル・ワハダ監督を経て、昨年8月にエジプト代表監督に就任していた。

 同氏は2022年のカタール・ワールドカップまでの4年契約を結び、就任後は12試合で9勝2敗1分けという成績を残していた。

関連記事(外部サイト)