アーセナル、“インビンシブルズ”の一員エドゥ氏のTD就任を発表

アーセナル、“インビンシブルズ”の一員エドゥ氏のTD就任を発表

古巣アーセナルのTDに就任したエドゥ氏 [写真]=Getty Images

 アーセナルは9日、テクニカル・ディレクター(TD)に元ブラジル代表MFエドゥ氏が就任することをクラブ公式サイトで発表した。

 アーセナルはエドゥの作業内容を「クラブの継続的かつ効率的な強化を管理するために、ファーストチームのコーチ部門、アカデミー部門、スカウト部門の調整を行う」としている。

 クラブ公式サイトにはエドゥ氏のコメントが掲載され、「アーセナルは私の心の中で常に特別な場所であり続けた。新しい役職でこの偉大なクラブに復帰することにワクワクしている。私たちは強力なスカッドと優秀な若手を揃えている。違いを生み出す助けをするのが楽しみだ」と意気込みを語った。

 41歳のエドゥ氏は現役時代にアーセナルで4年間プレーし、公式戦127試合に出場。無敗優勝を達成した2003−04シーズンも主力として活躍した。

 同氏は2011年1月にコリンチャンスで現役を引退。同年5月に同クラブの監督に就任し、5年間指揮を執った。退任後はブラジル代表のコーディネーターとしてチームの運営・管理を担当し、同代表のコパ・アメリカ2019優勝を陰で支えた。

関連記事(外部サイト)