イアン・ライト氏、プレシーズン・ツアー帯同拒否のコシェルニーに動揺隠せず

イアン・ライト氏、プレシーズン・ツアー帯同拒否のコシェルニーに動揺隠せず

アメリカで行われるプレシーズン・ツアー帯同を拒否したコシェルニー [写真]=Getty Images

 元イングランド代表FWイアン・ライト氏がアーセナルのキャプテンを務める元フランス代表DFローラン・コシェルニーについて言及した。12日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 アーセナルは来夏で契約満了を迎えるコシェルニーと1年の契約延長に向けて交渉していたが、チャンピオンズリーグ出場を逃したことによる移籍予算の制限や補強プランの変更など、クラブの将来を不安視したコシェルニーは契約解除を求めたという。しかしクラブはこの要求を却下し、その結果コシェルニーはアメリカで行われるプレシーズン・ツアーへの帯同を拒否した。

 これに対し、かつてアーセナルでも活躍したライト氏は「在籍した9年間、信じられないパフォーマンスを見せてくれた。そのキャプテンがプレシーズン・ツアーの帯同を拒否することによって、自身の遺産を壊してしまうことに私は困惑しているよ」とコメント。さらに「なぜローランなんだ?君のアドバイザーは誰?彼らは君に何を言ったんだ?」と動揺を隠しきれていない様子だ。

「私は早くこの問題が解決することを神に祈っているよ。アーセナルは迅速かつ懲戒的な対応をしなければならないね。私はローランを愛しているが、これは良くない決断だ」

関連記事(外部サイト)