川崎生え抜きの19歳FW宮代大聖、J2山口への期限付き移籍が決定

川崎生え抜きの19歳FW宮代大聖、J2山口への期限付き移籍が決定

山口への期限付き移籍が決定した宮代 [写真]=金田慎平(Shimpei Kanada)

 川崎フロンターレは16日、FW宮代大聖がレノファ山口FCへと期限付き移籍することをクラブ公式サイトで発表した。

 宮代は今日の練習より山口に合流する予定。また、移籍期間は2020年1月31日までとなり、山口と川崎が対戦するすべての公式戦には出場できない。

 宮代は2000年生まれの19歳で、U−10から川崎でキャリアを積んでいる。昨年4月13日にプロ契約を締結したが、トップチームではまだ公式戦に出場していない。

 同選手はFIFA U−20ワールドカップ・ポーランド2019のメンバーに召集され、誕生日に行われたメキシコ戦では2得点を挙げる活躍を見せた。

 川崎のクラブ公式サイトには宮代のコメントが掲載され、「再び戻ってきたとき、等々力のピッチで成長した姿を見せられるように全力で頑張ってきます!引き続き応援よろしくお願いします」と山口での成長を誓った。

関連記事(外部サイト)