高校生Fリーガーの躍動で町田が3連勝! 大分が初黒星、名古屋首位浮上

高校生Fリーガーの躍動で町田が3連勝! 大分が初黒星、名古屋首位浮上

インタビューを受ける町田の毛利元亮(中央左)と倉科亮佑(中央右)

 7月12日(金)から14日(日)の3日間にわたり、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第9節が行われた。

 ルイス・ベルナット新監督の元、開幕を迎えたペスカドーラ町田は、負傷者にも苦しみ第3節から4連敗と下位に沈んでいたが、第7節の湘南ベルマーレ戦で完封勝利を収めると、第8節ではボアルース長野に4度追いつかれながらも逃げ切る粘り強さを見せ2連勝。そして迎えた第9節では、Fリーグ選抜と対戦した。

 アウェイでのバサジィ大分戦から中4日でこの試合に臨んだF選抜が苦戦する中、町田の若手選手が躍動する。9分、FP中村充のアシストからFP毛利元亮が先制点を挙げると、16分にはFP滝田学のキックインにファーサイドのFP倉科亮佑が合わせて追加点。F選抜は後半立ち上がりにFP畠山勇気のゴールで1点を返すが、直後にセットプレーからFP森岡薫に得点を奪われ、再度点差が広がる。FP倉科がこの試合2点目となる追加点を挙げると、3点を追うF選抜はFP新田駿をGKに置いたパワープレーを開始する。この流れからFP磯村直樹のゴールで1点を返すが、追撃及ばず試合終了。18歳の毛利、17歳の倉科がFリーグ初得点を挙げた町田が4−2で勝利し、連勝を「3」に伸ばした。

 無敗で首位を独走するバサジィ大分は、バルドラール浦安をホームに迎えた。序盤から積極的にゴールを狙う大分だったが、浦安GK藤原潤の好セーブにも阻まれ、得点を挙げることができない。退場者を出し数的不利の大分は9分、浦安FP野村啓介に先制点を奪われると、18分にはGK藤原が起点となり、FP永島俊が追加点を挙げリードを広げられる。0−2で迎えた後半、まずは1点を返したい大分だったが、開始わずか27秒でFP加藤竜馬に追加点を奪われて3点差に。32分には浦安FPディドゥダが古巣から得点を奪い、4点を追う展開となった大分は、4分半を残しパワープレーを開始する。この流れからFP田村龍太郎が1点を返した大分だったが、追加点を奪うことができずに試合終了。今季初黒星を喫した。

 その他の結果は以下のとおり。

▼Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第9節結果

7月12日(金)
ペスカドーラ町田 4−2 Fリーグ選抜(町田)

7月13日(土)
バサジィ大分 1−4 バルドラール浦安(べっぷ)
シュライカー大阪 2−2 フウガドールすみだ(岸和田)
立川・府中アスレティックFC 2−3 湘南ベルマーレ(駒沢)

7月14日(日)
エスポラーダ北海道 6−2 ボアルース長野
名古屋オーシャンズ 7−1 ヴォスクオーレ仙台

関連記事(外部サイト)