ブレーメンの40歳FWピサーロ、今シーズン限りでの現役引退を表明

ブレーメンの40歳FWピサーロ、今シーズン限りでの現役引退を表明

今シーズン限りでの現役引退を表明したピサーロ [写真]=Getty Images

 FW大迫勇也が所属するブレーメンの元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロが、今シーズン終了後に現役を引退することを明かした。ドイツ紙『ビルト』が19日に伝えている。

 ピサーロは1978年生まれの現在40歳。昨年夏にブレーメンに加入した。昨シーズンのブンデスリーガで26試合に出場し、5得点2アシストを記録した。

 ピサーロは自身の去就について「全ての人と話し合った。私は元気だけど、もう十分だ。ブレーメンでの最後のシーズンでヨーロッパに行きたい」とコメント。今シーズン限りで、選手キャリアに終止符を打つことを明かした。

関連記事(外部サイト)