2点差追いついたレアルがPK戦でアーセナルを下す…久保は出番なし

2点差追いついたレアルがPK戦でアーセナルを下す…久保は出番なし

久保建アーセナル戦出番なし

2点差追いついたレアルがPK戦でアーセナルを下す…久保は出番なし

レアル・マドリードとアーセナルが対戦した [写真]=Getty Images

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019が23日に行われ、日本代表MF久保建英が所属するレアル・マドリードアーセナルが対戦した。

 試合は早い時間に動く。9分、ペナルティエリア内左に抜け出したアレクサンドル・ラカゼットがGKをかわして左足でシュートを放つと、これをレアル・マドリードDFナチョ・フェルナンデスが手でブロック。アーセナルにPKが与えられ、ナチョは一発退場となった。10分、このPKをラカゼットが決めてアーセナルが先制した。

 1点リードに加えて数的優位に立ったアーセナルは24分、中央で縦パスを受けたラカゼットがヒールで流すと、抜け出したピエール・エメリク・オーバメヤンがGKをかわしてシュートを流し込み、追加点を決めた。だが40分、ソクラティス・パパスタソプーロスがこの日2枚目のイエローカードで退場となり、アーセナルも10人での戦いを強いられることとなった。

 10人対10人となった後半は、積極的な選手交代を行ったレアル・マドリードが攻勢に出る。56分、ゴール前でマルコ・アセンシオに決定機が訪れると、GKが弾いたボールをギャレス・ベイルが押し込んで1点を返す。さらに直後の59分にはマルセロの折り返しをアセンシオがダイレクトで蹴り込み、同点に追いついた。

 終了間際にはアーセナルのエディー・ケシャが立て続けに2度の決定機を迎えたが決め切ることができず、試合は2−2でタイムアップを迎えた。PK戦では5人中3人が失敗したアーセナルに対して、レアル・マドリードは4人中3人が成功。3−2でレアル・マドリードが勝利を収めた。なお、ベンチスタートとなった久保に出番は訪れなかった。

 レアル・マドリードは26日にICCでアトレティコ・マドリードと、アーセナルは28日にエミレーツ・カップでリヨンと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2−2(PK:3−2) アーセナル

【得点者】
0−1 10分 アレクサンドル・ラカゼット(PK/アーセナル)
0−2 24分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
1−2 56分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
2−2 59分 マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)

【スターティングメンバー】
■レアル・マドリード(4−4−2)
K・ナバス(46分 クルトワ);カルバハル(46分 オドリオソラ)、ナチョ(9分 退場)、S・ラモス(65分 バルキージャ)、メンディ(46分 マルセロ);L・バスケス(46分 イスコ)、モドリッチ、クロース(65分 A・フィダルゴ)、アザール(46分 ベイル);ヨヴィッチ(16分 ヴァラン)、ベンゼマ(46分 アセンシオ、65分 ヴィニシウス)

■アーセナル(4−2−3−1)
D・マルティネス;ジェンキンソン、チャンバース、ソクラティス(40分 退場)、コラシナツ;ジャカ、ウィロック(46分 モンレアル);オーバメヤン、エジル(75分 サカ)、ムヒタリアン(77分 ネルソン);ラカゼット(74分 ケシャ)

関連記事(外部サイト)