セスクがスピード違反…時速約110キロで走行し半年間の免許停止処分

セスクがスピード違反…時速約110キロで走行し半年間の免許停止処分

速度違反を犯したセスク [写真]=Getty Images

 モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、スピード違反で検挙され、免許停止処分が課せられたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同メディアによるとセスクは、昨年12月のロンドンで車を運転しているところ、スピード違反を犯し、警察によって止められたという。セスクは、最高速度時速40マイル(時速64キロメートル)のところ、時速68マイル(約110キロメートル)と大幅に速度超過。これによって半年間の免許停止と罰金750ポンド(約10万円)の処分が下ったようだ。

 セスクがスピード違反で検挙されるのはこれで2回目。前回は時速約180キロメートルを出していた。

関連記事(外部サイト)