わずか5分で負傷交代…バイエルン指揮官、FWコマンの状態に言及

わずか5分で負傷交代…バイエルン指揮官、FWコマンの状態に言及

トッテナム戦で負傷したコマン(写真はアーセナル戦のもの) [写真]=Getty Images

 バイエルンを率いるニコ・コヴァチ監督が、フランス代表FWキングスレイ・コマンの状態について語った。クラブ公式HPが伝えている。

 バイエルンは7月31日、アウディカップ2019決勝でトッテナムと対戦。バイエルンはPK戦の末に敗れた。コマンは71分から途中出場を果たしたが、トッテナムのファン・フォイスと接触し、5分後の76分に負傷交代を余儀なくされた。

 状態が心配されていたが、コヴァチ監督はコマンについて「ひざかふくらはぎを負傷し、痛みがあるようだ。それほど悪くはないと考えている。数日以内にプレーできるだろう」と語った。

 バイエルンは3日にドルトムントとのDFLスーパーカップ(ドイツ・スーパーカップ)決勝を控えている。

関連記事(外部サイト)