トッテナム、ロ・チェルソ獲得に近づく…約72億円でべティスと合意?

トッテナム、ロ・チェルソ獲得に近づく…約72億円でべティスと合意?

トッテナムとは相思相愛とも伝えられるロ・チェルソ [写真]=Getty Images

 トッテナムがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソの獲得に近づいているようだ。1日、イギリスメディア『トーク・スポーツ』が伝えた。

 ロ・チェルソはトッテナムにとって、今夏の移籍市場が開いてからのトップターゲットだ。しかし、ベティスが同選手の移籍金に1億ユーロ(約120億円)を要求していたのに対して、トッテナムの交渉開始額は4000万ユーロ(48億円)と開きがあり、長らく進展は見られていなかった。

 そんな中、ロ・チェルソ本人が移籍を志願し、ベティスも同選手の代役としてフランス代表MFナビル・フェキルの獲得に成功したことで、同クラブはロ・チェルソの移籍金を譲歩すると伝えられていた。

 そして、トッテナムはボーナス別の移籍金6000万ユーロ(約72億円)をベティスに提示した模様で、ベティスも交渉に前向きなようだ。また、同クラブはロ・チェルソ本人には5年契約を用意しているという。

 プレミアリーグのトッテナムが選手を獲得できる期限は現地時間8日の23時59分までと残り1週間を切っているが、それまでにファンが待ち望む“ビッグディール”を完了することはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)