インテル、イカルディに戦力外通告?…代理人を務める妻は法的措置で対抗か

インテル、イカルディに戦力外通告?…代理人を務める妻は法的措置で対抗か

インテルから戦力外通告を突きつけられたとされるイカルディとワンダ・ナラ夫人 [写真]=Getty Images

 インテルがアルゼンチン代表マウロ・イカルディに戦力外通告を突きつけた模様だ。2日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 CEOのジュゼッペ・マロッタ氏ら3名のインテル幹部は1日にイカルディと面談を行い、「同選手がクラブの新しい強化プロジェクトに含まれていないこと」と、「ナポリとローマからオファーを受け取っており、どちらに移籍するかを慎重に検討するべきだ」と伝えたという。

 インテルは今夏の移籍市場で目標とする新ストライカー獲得には成功していないが、それでもイカルディをセリエAとチャンピオンズリーグの登録リストから外すつもりだとされている。これに強い危機感を覚えるイカルディの妻で代理人のワンダ・ナラ氏は、クラブへの対抗手段として法的措置を用意している模様だ。

 これまでも主将剥奪や契約延長などを巡って騒動を巻き起こしてきたインテルとイカルディ、そしてワンダ・ナラ夫人は、今夏に再び新たな騒動を巻き起こすことになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)