マンU、ユーヴェDFルガーニに関心か…マグワイア獲得失敗に備え

マンU、ユーヴェDFルガーニに関心か…マグワイア獲得失敗に備え

ユナイテッドやアーセナルが関心を示すルガーニ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがユヴェントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニに関心を示しているようだ。1日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 マンチェスター・Uは今夏に新たなセンターバックの獲得を目指すとされており、レスターに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアに強い関心を示している。しかし、レスターの要求額が高額なこともあって、市場の締切日まで1週間を切った現在も交渉に進展が見られていない。

 そこで、マンチェスター・Uはマグワイアよりも安価なルガーニも候補者にリストアップした模様。同選手は昨シーズンのセリエA出場を15試合に留めており、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの加入で将来的にも出場機会が減少すると見られているため、今後の去就に注目が集まっている。

 ルガーニの獲得にはアーセナルも関心を示していたが、2年間のレンタルはユヴェントスに断られた模様だ。マンチェスター・Uはベルギー代表FWロメル・ルカクとアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのトレード移籍にルガーニを含める可能性も検討した上で、完全移籍のオファーをユヴェントスに提示するようだ。

関連記事(外部サイト)