横浜FMが第19節浦和戦で発生したサポーター間のトラブルについて声明を発表

横浜FMが第19節浦和戦で発生したサポーター間のトラブルについて声明を発表

横浜FMは7月13日の浦和レッズ戦で起きたトラブルについて処分を発表した

 横浜F・マリノスは2日、公式サイトで「7月13日(土)浦和レッズ戦でのトラブルについて」というリリースを発表。ホームの日産スタジアムで開催された第19節の浦和戦で起きたサポーター同士のトラブルについて、処分を発表した。

 横浜FMは冒頭で「両クラブのファン・サポーターの皆さまをはじめ、サッカーを愛する大変多くの方々に対し、ご迷惑とご心配をおかけしましたこと、改めて深くお詫び申し上げます」と謝罪した上で、事実関係を調査した結果、「Jリーグおよびクラブが定める試合運営管理規定違反行為を確認しました」と処分の理由を記した。

 ことの発端は13日に行われた横浜FMと浦和との一戦で、横浜FMが定める横断幕掲出ルールに反し浦和サポーターが横断幕を掲出したことに始まる。それに対し、横浜FMの一部サポーターが緩衝エリアへ侵入し、両クラブのサポーター間での揉み合いに発展した。

 このトラブルで、主導した横浜FMサポーター1名に対し、7月20日のヴィッセル神戸戦から8月31日のガンバ大阪戦までの全8試合のスタジアムへの入場禁止、トラブルに関与したサポーター40名に対しては厳重注意処分となった。

 横浜FMは再発防止策として、「ホームゲーム実施におけるクラブ内運営体制の見直し」、「危険度に応じた緩衝エリアの警備体制の見直し」、「ビジタークラブに対し、ビジターサポーターへのルールの周知徹底協力を再度依頼する」ことを発表。併せて「『安心・安全で快適なスタジアム』の実現を目指し、今後はより一層ファン・サポーターの皆様にとって魅力あるスタジアム作りに努めてまいります」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)