バルサFWマルコム、ゼニト移籍が正式決定…移籍金は約47億円に

バルサFWマルコム、ゼニト移籍が正式決定…移籍金は約47億円に

マルコムのゼニト移籍が正式発表 [写真]=Getty Images

 ゼニトは8月2日、バルセロナからブラジル人FWマルコムを完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は4000万ユーロ(約47億円)となっており、出来高で500万ユーロ(約6億円)が上乗せされる契約になっているという。

 現在22歳のマルコムはコリンチャンスでプロキャリアをスタートさせた。2016年1月にはボルドーへ移籍。2017−18シーズンのリーグ・アンで35試合に出場し12得点を挙げて頭角を現すと、同シーズン終了後にバルセロナへ加入した。

 マルコムは昨シーズンの公式戦で24試合に出場し4得点を記録。しかし、スペイン・カタルーニャの地で定位置を確保したとは言い難く、今シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の構想外になっていると度々報じられていた。

 ゼニトは昨季のロシア・プレミアリーグで4シーズンぶりとなる優勝を達成。7月に開幕した今シーズンのロシア・プレミアリーグでは開幕から3連勝を記録し、現時点で首位に立っている。

関連記事(外部サイト)