FC東京、ホームでC大阪相手に3発快勝…首位の貫禄を見せリーグ2連勝

FC東京、ホームでC大阪相手に3発快勝…首位の貫禄を見せリーグ2連勝

FC東京が首位をキープした(写真は横浜FM戦のもの) [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第21節が3日に行われ、FC東京がホームにセレッソ大阪を迎えた。

 前半から両チームともしっかりとしたブロックを敷き、集中した守備を見せる。サイドの仕掛けや、セットプレーなどから攻撃を見せるも、なかなか決定機を作り出すことができない。

 拮抗した展開のまま、前半は終了。すると後半開始早々、ホームのFC東京が先制に成功する。東慶悟が左サイドからクロスをあげると、永井謙佑が高い打点でヘディング。これがネットを揺らし、好調の永井が先制点をもたらした。

 後半は一転、オープンな展開になり、両チームとも速い攻撃を繰り出しあう。

 次にネットを揺らしたのは、またもFC東京だった。C大阪の猛攻を耐えしのぐと、三田啓貴が自分で得たFKでクロスを上げる。これに森重真人が合わせ、追加点を奪い取った。

 後半アディショナルタイム2分、ショートコーナーからパスをつなぐと、ジャエルのパスに走りこんだD・オリヴェイラがシュート。最後にダメ押しの3点目を記録した。

 このまま試合は終了。FC東京が首位の貫禄を見せ、C大阪から勝ち点「3」をもぎとった。

【スコア】
FC東京 3−0 セレッソ大阪

【得点者】
1−0 47分 永井謙佑(FC東京)
2−0 68分 森重真人(FC東京)
3−0 90+2分 D・オリヴェイラ(FC東京)

【スターティングメンバー】
■FC東京(4−4−2)
林彰洋;室屋成、渡辺剛、森重真人、オ・ジェソク;大森晃太郎(66分 三田啓貴)、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟(86分 ナ・サンホ);D・オリヴェイラ、永井謙佑(76分 ジャエル)

■セレッソ大阪(4−4−2)
キム・ジンヒョン;松田陸、ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介;水沼宏太、木本恭生(76分 レアンドロ・デサバト)、藤田直之(66分 ソウザ)、清武弘嗣;奥埜博亮(56分 柿谷曜一朗)、ブルーノ・メンデス

関連記事(外部サイト)