プレミア王者とCL王者が激突! 試合を前にFAが今年のコミュニティ・シールドにまつわる記録を紹介

プレミア王者とCL王者が激突! 試合を前にFAが今年のコミュニティ・シールドにまつわる記録を紹介

昨年のコミュニティ・シールドはマンCがチェルシーを2−0で下した [写真]=Getty Images

 FA(イングランドサッカー協会)は31日から、マンチェスター・Cとリヴァプールが対戦するコミュニティ・シールドのプレビューを公式サイトで紹介している。

 コミュニティ・シールドは1908年に創設されたプレミアリーグ(イングランド1部リーグ)のチャンピオンとFAカップの勝者が対戦する大会。なお、リーグとFAカップの優勝クラブが同一の場合、今大会のようにリーグ1位とリーグ2位のクラブが対戦する。

■史上初の顔合わせ

 リヴァプールとマンチェスター・Cがコミュニティ・シールドで対戦するのは史上初のこと。聖地ウェンブリー・スタジアムでの対戦は史上2度目で、前回は2016年のリーグカップ決勝で対戦し、1−1(PK戦:3−1)でマンチェスター・Cが勝利した。

■直近の戦績

 直近12試合の対戦成績は、リヴァプールが7勝、マンチェスター・Cが2勝、3つの引き分けとリヴァプールが上回っている。しかし、ウェンブリーでの直近5試合の両クラブの成績は、マンチェスター・Cが5戦全勝なのに対して、リヴァプールは1勝1分3敗となっている。

■首位 vs 2位

 1992年のプレミアリーグ創設以降では、前シーズンの首位と2位が対戦するのは史上7度目。そのうち、2位のチームが勝利したのは1999年のアーセナル(対マンチェスター・U)と2010年のマンチェスター・U(対チェルシー)の2回のみ。

■出場回数、優勝回数

 マンチェスター・Cがコミュニティ・シールドに出場するのは12回目で、そのうち5回で優勝している(1937、68、72、2012、18)。一方のリヴァプールにとっては、2006年以来となる22回目の出場だ。同クラブより出場回数が多いのは、31回出場のマンチェスター・Uのみ。リヴァプールはこれまでに15回の優勝を記録した。(1964、65、66、74、76、77、79、80、82、86、88、89、90、2001、06)

■2大会連続の得点

 昨年のチェルシー戦ではアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの2得点でマンチェスター・Cが勝利。同選手がリヴァプールから得点を挙げた場合、1985年、86年のコミュニティ・シールドで得点を挙げたエヴァートンの元イングランド代表FWエイドリアン・ヒース以来となる2大会連続のスコアラーになる。

関連記事(外部サイト)