出場機会に苦しむドリンクウォーター、ブライトンがレンタル移籍に関心か

出場機会に苦しむドリンクウォーター、ブライトンがレンタル移籍に関心か

チェルシーでは出場機会に苦しむドリンクウォーター [写真]=Getty Images

 ブライトンが元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターの期限付き移籍に関心を示しているようだ。3日、イギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 2015−16シーズン、レスターの“奇跡の”優勝に貢献した1人として評価を高めた29歳のドリンクウォーター。2017年夏に3500万ポンド(当時レートで約49億円)の移籍金でチェルシーへと移籍したが、同クラブでは出場機会に苦しんでおり、2年間の公式戦出場通算は23試合に留まっている。

 そんなドリンクウォーターは元フランス代表MFティエムエ・バカヨコとともに今夏のチェルシーの放出候補とされており、同クラブは両選手について完全移籍・期限付き移籍問わずオファーを受け付けているようだ。

 ブライトンはグレアム・ポッター新監督の意向を受けて、チェルシーにドリンクウォーターのレンタルをオファーする模様。ブライトンにとって高額な同選手の週給10万ポンド(約1300万円)の負担割合が契約成立のカギとなりそうだ。

関連記事(外部サイト)