グアルディオラ監督、負傷交代のサネに言及「第一印象は良くなかったが…」

グアルディオラ監督、負傷交代のサネに言及「第一印象は良くなかったが…」

コミュニティ・シールドで負傷交代となったサネ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ドイツ代表MFレロイ・サネの負傷に言及した。4日、クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 コミュニティ・シールドが4日に行われ、マンチェスター・Cはリヴァプールと対戦。PK戦の末に勝利し、2年連続6回目の優勝を飾った。サネは同試合に先発出場したが、11分にDFトレント・アレクサンダー・アーノルドと接触した際に右ひざを負傷。自力でピッチの外に出たものの、足を引きずりながら途中交代となった。

 試合後、サネの状態について聞かれたグアルディオラ監督は「第一印象はあまり良くなかったが、深刻かどうかは私には分からない。医者がなんと言うか我々は待たなければいけない。でも、私は大丈夫だと思っている」と語り、早期復帰に期待を寄せた。

関連記事(外部サイト)