マンUとディバラの交渉は破談? 高額の給料と代理人に支払う手数料が問題か

マンUとディバラの交渉は破談? 高額の給料と代理人に支払う手数料が問題か

ディバラの去就はどうなるのだろうか [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uと、ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの交渉が破談になったようだ。4日、イギリス紙『インディペンデント』が伝えている。

 ディバラは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクとのトレードでマンチェスター・Uに加入するのではないかと報じられていた。またさらに、クラブ間合意には至っており、残すは個人合意だけだとも伝えられていたが、ここにきて一転、破談となってしまったようだ。

 同紙によるとマンチェスター・Uはディバラの要求する給料が高すぎることに加え、移籍に際し代理人に支払う手数料1500万ユーロ(約18億円)が高額なことがあげられるという。

 レッドデビルズを騒がす”宝石”は、新シーズンをどこで過ごすのだろうか、関心が寄せられている。

関連記事(外部サイト)