マンU、マンジュキッチと個人合意か…年棒約8億円で3年契約

マンU、マンジュキッチと個人合意か…年棒約8億円で3年契約

マンU加入に近づいているマンジュキッチ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがユヴェントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの獲得に迫っているようだ。4日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 報道によると、マンチェスター・Uはマンジュキッチと2022年までの3年契約を締結し、ユヴェントス時代よりも35パーセント多い年棒620万ポンド(約8億円)で個人合意に至ったという。しかし、ユヴェントスはマンジュキッチの譲渡に際し、1500万ポンド(約19億円)の移籍金を要求するか、獲得を狙っているベルギー代表FWロメル・ルカクの取引に加えるかは決めかねているようだ。

 1986年生まれで現在33歳のマンジュキッチは、ディナモ・ザグレブ、ヴォルフスブルク、バイエルン、アトレティコ・マドリードなどでプレーした後、2015年7月にユヴェントスに加入した。同クラブ加入後の4シーズンで公式戦162試合に出場し、44得点を記録している。

関連記事(外部サイト)