積極補強で今季もトップ7を目指すウルヴス、ユーヴェDFルガーニに36億円を用意か

積極補強で今季もトップ7を目指すウルヴス、ユーヴェDFルガーニに36億円を用意か

ウルヴスやユナイテッドが関心を示すルガーニ [写真]=Getty Images

 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズがユヴェントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニの獲得に関心を示しているようだ。5日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者を務めるニコロ・シーラ氏が伝えた。

 昨シーズンは昇格組ながらプレミアリーグを7位で終え、FAカップでも準決勝に進出するなど躍進を見せたウルヴァーハンプトン。2シーズン連続の欧州大会出場を目指す今夏の同クラブは、ミランから完全移籍でU−21イタリア代表FWパトリック・クトローネを、レアル・マドリードから期限付き移籍でU−21スペイン代表DFヘスス・バジェホを獲得するなど着実に補強を進めている。

 さらに、ウルヴァーハンプトンは今夏8人目の補強としてルガーニの獲得を目指しており、ユヴェントスに移籍金3000万ユーロ(約36億円)を提示すると見られている。

 ルガーニの獲得にはコートジボワール代表DFエリック・バイリーが負傷離脱中のマンチェスター・Uも関心を示している模様。そんな中、同選手の代理人は月曜日からロンドンに滞在しているようだ。

関連記事(外部サイト)