マンU加入報道から一転…トッテナムがディバラ獲得で合意?

マンU加入報道から一転…トッテナムがディバラ獲得で合意?

今夏のユヴェントス退団が噂されているディバラ [写真]=Getty Images

 トッテナムがユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得に迫っているようだ。6日、イタリアメディア『スカイスポーツ』など複数のメディアが伝えている。

 ディバラは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクと入れ替わりでマンチェスター・U加入濃厚と見られていた。クラブ間では合意したものの、ディバラの要求する給料が高すぎることに加え、移籍に際し代理人に支払う手数料1500万ユーロ(約18億円)が高額なことも影響し、破談したことが報じられていた。

 報道によると、マンチェスター・U行きから一転して、トッテナムがディバラ獲得間近となっている模様で、6440万ポンド(約83億円)の移籍金でユヴェントスと合意に至ったという。残すはディバラとの個人合意だけとなっているようだが、果たして移籍は実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)