久保&ロドリゴがカスティージャデビューへ…日本人対決は実現せず?

レアル・マドリードの久保建英が練習試合の遠征に帯同せず 相手には南野拓実ら所属

記事まとめ

  • レアル・マドリードのトップチームは南野拓実ら所属するザルツブルクと練習試合へ
  • スペイン紙『マルカ』によると久保建英は同遠征には帯同せず、クラブのBチームで試合
  • レアルはウルグアイ代表MFがスペイン国籍を取得、チームのEU圏外枠に1つ空きも

久保&ロドリゴがカスティージャデビューへ…日本人対決は実現せず?

久保&ロドリゴがカスティージャデビューへ…日本人対決は実現せず?

カスティージャデビューとなることが予想される久保 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するMF久保建英とU−20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスが、レアル・マドリード・カスティージャの試合に出場する見込みとなっているようだ。7日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 レアル・マドリードのトップチームは7日にオーストリアでMF南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルクとの練習試合が予定されている。しかし、同紙によると、久保とロドリゴは同遠征には帯同せず、アルコルコンとの練習試合を行うクラブのBチームであるカスティージャでプレーすることになるようだ。

 また同紙は、ロドリゴが昨シーズンのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールと同じ道をたどることになるだろうと予想しているのに対し、久保の場合は少し違うケースとなることを紹介している。

 レアル・マドリードはウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがスペイン国籍を取得したことで、チームのEU圏外枠に1つ空きができた。しかし、これにより新しく登録されるのはロドリゴだとして、トップチームに空きができるまで久保は待たなければいけないと伝えている。

関連記事(外部サイト)