チェルシーで苦しむドリンクウォーター、バーンリーが獲得に関心か

チェルシーで苦しむドリンクウォーター、バーンリーが獲得に関心か

今夏のチェルシー退団が噂されるドリンクウォーター [写真]=Getty Images

 バーンリーが、チェルシーに所属するイングランド人MFダニー・ドリンクウォーター獲得に関心を示しているようだ。7日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在29歳のドリンクウォーターは2015−16シーズンにレスターの“奇跡”の優勝に貢献し、2017年夏に3500万ポンド(当時約49億円)の移籍金でチェルシーへと移籍した。加入1年目は公式戦22試合に出場したが、2年目となった昨シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の構想外となり、公式戦に出場したのはリーグ戦開幕前のコミュニティ・シールドに途中出場しただけとなっていた。

 フランク・ランパード監督が就任した今夏は、プレシーズンの序盤には出場機会が与えられていたが、同監督の信頼を勝ち取ることはできず、チェルシーの放出候補に挙げられていることがささやかれている。

 そこで、経験豊富な選手の獲得を望んでいるショーン・ダイク監督が率いるバーンリーがレンタルでのドリンクウォーター獲得を画策しているようだ。なお、同選手にはブライトンもレンタルでの獲得を狙っているようだが、今夏の移籍は実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)