8月8日はヒゲの日…あなたが好きなサッカー界の”ヒゲメン”プレーヤーは?

8月8日はヒゲの日…あなたが好きなサッカー界の”ヒゲメン”プレーヤーは?

特徴的なヒゲをたくわえている選手たち [写真]=Getty Images

 8月8日は“ヒゲの日”。漢字の「八」がヒゲの形に似ていることから、日本ワーナー・ランバード株式会社(現:シック・ジャパン株式会社)が1978年に制定した記念日だ。

 ヘアスタイルほどではないにせよ、各々の個性が際立つパーツでもあるヒゲ。そこで今回は、世界で活躍する現役“ヒゲメン”選手たちを紹介しよう。

■モハメド・サラー

生年月日:1992年6月15日(27歳)
国籍:エジプト
所属クラブ:リヴァプール

欧州王者リヴァプールの“ヒゲメン”と言えば、GKアリソンとサラーの名前が挙がる。ただし、サラーは今年2月に衝撃の“ひげなし写真”をSNSに投稿。世界中で大きな反響を呼んだ。

■オリヴィエ・ジルー

生年月日:1986年9月30日(32歳)
国籍:フランス
所属クラブ:チェルシー

顔良し、ヒゲ良し、性格良し、の三拍子揃ったフランス代表ストライカー。昨季は不本意な1年を過ごしたが、ランパード新体制発足で再び追い風が。華麗なる復活を遂げられるか。

■ダビド・デ・ヘア

生年月日:1990年11月7日(28歳)
国籍:スペイン
所属クラブ:マンチェスター・U

ここ数年は移籍の噂が絶えないが、マンチェスター・Uで9年目のシーズンを迎えようとしているスペイン代表GK。190センチを超える長身でいて、なおかつヒゲもよくお似合いと欠点が見当たらない。

■ミル・ジェディナク

生年月日:1984年8月3日(35歳)
国籍:オーストラリア
所属クラブ:アストン・ヴィラ

サッカー界屈指の“ヒゲメン”が3年ぶりにプレミアリーグの舞台に帰ってきた。選手としてのピークは過ぎたが、仙人にも例えられるヒゲは一段とパワーアップ。

■リオネル・メッシ

生年月日:1987年6月24日(32歳)
国籍:アルゼンチン
所属クラブ:バルセロナ

タトゥーと共にトレードマークとして定着したヒゲ。コパ・アメリカ・センテナリオ USA 2016では、ゲン担ぎとして伸ばしていた。現在は少し金色がかっており、綺麗に整えられている。

■マルセロ

生年月日:1988年5月12日(31歳)
国籍:ブラジル
所属クラブ:レアル・マドリード

サッカー界屈指の“アフロマン”としても有名だが、顔を覆うヒゲも立派なもの。レアル・マドリードで14年目となるシーズンに臨む。

■カリム・ベンゼマ

生年月日:1987年12月19日(31歳)
国籍:フランス
所属クラブ:レアル・マドリード

レアルではDFダニエル・カルバハルも“ヒゲメン”の一人だが、この夏のプレシーズンで気になったのは彼のヒゲ。年々濃さを増しているのは筆者の勘違いだ

■ダニエレ・デ・ロッシ

生年月日:1983年7月24日(36歳)
国籍:イタリア
所属クラブ:ボカ・ジュニオルス

今夏、18年間在籍したローマに別れを告げると、アルゼンチンのボカ・ジュニオルスへ電撃移籍。そのワイルドな風貌で、荒くれ者が待ち受ける南米サッカー界でも大きなインパクトを与えるはずだ。

■ケヴィン・トラップ

生年月日:1990年7月8日(29歳)
国籍:ドイツ
所属クラブ:パリ・サンジェルマン

日本のファッション誌に取り上げられたこともある正統派イケメンGK。昨シーズンはフランクフルトにレンタル移籍し、元日本代表MF長谷部誠と守備陣を形成した。

■アーロン・グンナルソン

生年月日:1989年4月22日(30歳)
国籍:アイスランド
所属クラブ:アル・アラビ

坊主頭に、顎を覆い隠さんばかりの豊かなヒゲ。一度見たら忘れられないルックスとは彼のことを指すのだろう。今夏、欧州を離れてカタールのアル・アラビに加入。ヒゲにはうるさそうな現地ファンの反応が気になるところだ。

■ジョー・レドリー

生年月日:1987年1月21日(32歳)
国籍:ウェールズ
所属クラブ:無所属

母国ウェールズの「ヒゲ・アワード」にも輝いたことがある強者。今年1月にダービー・カウンティ(イングランド2部)を退団して以降は所属先がない状態だが、再びその雄姿をピッチ上で見せてくれるだろうか。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)