マンU、エリクセンへオファー…ポグバの移籍を考慮か

マンU、エリクセンへオファー…ポグバの移籍を考慮か

去就が注目されるエリクセン [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、残り2日となったイングランドの移籍市場でトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを獲得することを試みているようだ。6日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 エリクセンには、今夏レアル・マドリードが関心を示していることが盛んに噂され、同選手も加入を希望していた。しかし、レアル・マドリードは中盤の補強としてマンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバや、アヤックスのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークにターゲットを絞ったとみられている。

 マンチェスター・Uはポグバの放出に備えるためにもエリクセンの獲得に向けて動いていると同紙は伝えている。イングランドの移籍市場は8日で終了するが、他国の移籍市場はまだ空いているため、レアル・マドリードなどへのポグバの売却を決めることはそれ以降でも可能となる。

 一方、トッテナムも、スポルティングのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスや、ベティスのアルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソの獲得を目指していると噂されている。

 トッテナムとの契約が来年6月で満了するエリクセンが契約を延長せず残留したとすれば、クラブは同選手をフリーで手放すことになるリスクが高まってくる。8日までにユナイテッド移籍がまとまらなかった場合、その事情を利用する形で、他のクラブが格安オファーでの引き抜きを試みることも予想されている。

関連記事(外部サイト)